14,400リットル!!!

14,400リットル!!!

この数字なんだかわかりますか?

人が1日に吸う空気の量です。

体重50kgの人の場合の一日の呼吸量を計算すると

0.5 リットル×28,800回=14,400リットル 約20kg。

ごはんにすると なんと約100杯分

(DAIKIN空気の学校より引用)

1日で500mlのペットボトル2万本分!

1日の呼吸回数は

0歳から1歳:28800回から86,400回

1歳から3歳:28800回から57,600回

3歳から6歳:23040回から48,960回

6歳から12歳:20160回から43,200回

12歳以上:17280回から28,800回

なんだそうです。

食べるものは自分でコントロールできるので、嫌いなものおいしくないもの、体に悪いものはある程度自分で制御できますが、呼吸は止めることができませんから、吸う空気の質はとても大事。

とはいえ、職場や、学校、そして外の空気はこれまた自分ではどうすることもできないことがほとんどですね。

唯一できるとしたら、人生の約半分を過ごす自宅ではないでしょうか?

ちょっとセールスマンぽくなってしまいましたが、とにかく吸う空気って大事なんですよね。

明日のイベントでは、前回の吸う「空気がなぜ大事か」もおさらいしつつ、

・子どもとアレルギー

・実際にあった杉の不思議なお話

・コロナの時代に必要なものは??

などを中心に(前回も盛り上がってしまい、テーマ通り進みませんでしたが、、、)みなさんと対話できたらと思います。

オンラインのイベントなので、お申し込みまだ可能ですよ〜!

こちらからどうぞ!

Comments are closed.