自己肯定感は高い方がいいの?

自己肯定感は高い方がいいの?

自己肯定感、そのことば実は苦手です、笑。

 

そもそも、自己肯定感って別に「高いからいい」とかそう言うことじゃないんですよね。

だって日本人みんな自己肯定感がめっちゃ高かったらイヤじゃないですか?

「俺様一番!」「おれってスゲ〜」そう思う人ばっかりだったら私はイヤです。

(実はそう言う人ちょっと苦手だったりする、、、)

どうも「自己肯定感は高いほうがいい」みたいな風潮が私は正直苦手です。

 

自己肯定感は高すぎてもダメなんですよね。

なので「ダメな自分もいるけど、そんな自分もいいじゃん。」とありのままの自分を肯定して受け入れられること、これが私のお伝えしたいことです。

 

そして別にいつもテンション高くいる必要も意識高くしている必要も一切ないと思います。(そもそも無理、、、)

 

あくまでも、人に流されることもなく、自分の軸のようなものを自分自身でゆっくりと作り上げていくこと。それがあれば失敗しても、折れそうになっても(折れちゃってもいいしね)また「まあなんとかなるだろう」と言う楽観的観測に基づいてまた立ち上がっていけるんですよね。(一般的に言うレジリエンスってやつですね)

 

生き方に正解なんてなくて、その人が「自分の人生を幸せに生きてる」と感じられることが一番ですね!

子どもの自己肯定感をどうやって育めばいいの?

という方はことばキャンプのオンライン講座を是非お勧めします。

ことばキャンプ 自己肯定感を育てる親講座(講師 ことばキャンプ認定インストラクター村上好)

 

 

Comments are closed.