2017稲の成長日記5月21日【田植え】

2017稲の成長日記5月21日【田植え】

【田植え無事に終了】
今年も伊豆の伊東市池地区の農家さんと共に田植えをして来ました!
*プチことばキャンプもやりました(^ ^)
今年は2枚分バッチリ植えることが出来ました!
暑かったですが、田んぼに吹く風が何とも心地よい。
「疲れた〜〜」
「もう無理〜〜」という子ども達を
「なーに言ってんだよー!」
と喝を入れてくれ、
「上手いね〜〜」
とおだててくれ、最後までやりきる事が出来ました!
本当に貴重な体験をさせていただきました!
今年は個人でやっているため、夏の草取り、秋の稲刈りについて参加したい場合は私まで、直接ご連絡下さいませ。
田んぼにはそれぞれの役割があります。
田んぼに入って植えることが目的ではありません。
虫が怖くて入れない子もいるし、感覚が気持ち悪くて入れない子もいます。
その子にも、田んぼに入る以外にも大事な役割が必ずあります。

例えば、苗を渡す係、苗を植えていくときに下ろす紐を仕切る係、掛け声をかける係、田んぼはいろいろな人と力を合わせないとできないことがたくさんあり、それぞれ大事な役割です。

「自分ができること」をやることで「自分は誰かの役に立っている」ということが実感できます。そのことで自己肯定感が育っていくと思います。

社会でも学校でもそれは同じだと思います。

それぞれの子どもが自分の役割や、居場所を見つけられるきっかけになるといいなと思います。
農家の高橋さん、佐藤さん、ますざわさん、そして伊豆急東海タクシーの大戸社長、ルネッサ赤沢の土屋支配人、本当にありがとうございました。
お世話になるのはこれからです。

Comments are closed.