【報告 米作り企画第一弾! 春 〜田植えとフクロウの話〜1】

【報告 米作り企画第一弾! 春 〜田植えとフクロウの話〜1】

5月21日〜22日に開催されました「米作り企画第一弾! 春〜田植え編〜」が無事終了いたしました。

良いお天気に恵まれ、参加者のご家族と一緒に楽しい週末を送ることができました。

二つのイベントが行われましたので皆様にもご報告がてらご覧いただき楽しんでいただければと思います。
まずは「ふくろう博士による猛禽類のお話」の方から。

猛禽類と聞いて「え?何?」という方がほとんどだと思います。
鷹(タカ)・鷲(ワシ)・鳶(トンビ)・梟(フクロウ)など他の動物などを捕食する習性のある鳥類のことだそうです。

ワークショップ当日、フクロウ博士が連れてきてくれた猛禽類は
タカ・フクロウ・ミミズク、そして何やら「フガフガフガ」と鳴く、小さい木箱に入った生き物。。。。

会場に入った途端、風格と威厳のある猛禽類たちに圧倒されました。
今にも飛びかかってきそうな迫力のある猛禽類のすぐ近くに椅子が用意されていて、みなさん一瞬「え?ここに座って大丈夫???」という表情を隠しきれませんでしたが、フクロウ博士に誘導され着席。
まなびのば 005
ちょっとした緊張感の中、フクロウ博士からのお話しが始まりました。次から次へと目からウロコのお話が・・・。

・フクロウとミミズクの違い
・鷹と鷲の違い
・フクロウはなんで首が回るのか?
・フクロウの羽の秘密(実は新幹線と深い関係が・・・)
・フクロウの耳の位置が違う???
などなど引き込まれる話しばかりでした。
質問コーナーでは参加してくれたお子さんからはもちろんのこと、大人からも質問が次々に!
000496337000032223622_square
動物園でも檻の中のほとんど動かない(特にフクロウなどは夜行性ですし、1日の行動の3%しか動かない種類もいるそうです)フクロウは素通りしがち。
レクチャーの後は、ふれあい体験です!
「将来の夢は獣医さん!」という3年生の女の子、最初から扱いが違ってました!大人顔負けです!
というか大人でも怖がる「人間に慣れていないミミズク」(このミミズクは常に人間を警戒し、威嚇のために近づくと羽を広げて人を寄せ付けません)でもへっちゃら。とうとう手なづけてしまいました(将来が楽しみです!!)
000032223672
000032269962
最初は見るのも怖がっていてお母さんの手を離さなかった5年生のお子さんも徐々に慣れていき、最後は手にフクロウを乗せていました!(成長ぶりに感動・・・!)
000032420317
4歳のお子さんも徐々に慣れてフクロウに触ることができました。
000496337000032269977_square
そして、気になっていた「フガフガフガ」と鳴く小さな木箱に入った何かがいよいよ登場!
000032223647

子ブタちゃんでした!

最後はみんなで記念撮影!
000496337000032269960_square
フクロウ博士の大島さん、本当に貴重なお話と体験、ありがとうございました!

Comments are closed.